JOYN

News 2018.4.3

JOYN COMMUNITY SPACE. について

2018年初旬頃から試験的に地元のコミュニティの方達に使用して頂き、その上で料金体制などが決まりましたので改めてお知らせします。

場所は、JOYNと同じ4階フロアの隣の部屋になります。

(※本ページにゲーム機などが写っておりますが、全て持ち込みのゲーム機であり、この施設に常設しているゲーム機は一切御座いません。)

 

JOYN COMMUNITY SPACE. について

まず、本施設の目的としましては、主に富山県内のゲームコミュニティの発展を願い立ち上げました。

私自身が、他の公共施設などをイベント会場として使用する際に適当な会場が中々なかったり、規模や予算と合わなかったり、ゲームということで理解が得るための説明が大変だったり、騒ぐことが出来ないなど、悩んだことがありました。主催者の立場から考え、それらの課題が少しでも解決出来るような場所を作っていくことが、コミュニティの発展に繋がるのではないかと考えております。

発展途上ではありますが、参加者もご満足頂けるような環境を目指して本スペースの運営してまいりたいと思っております。

 

机にかけた想い

このスペースの大部分の面積は大きなテーブルに占められています。
テーブルは、このスペースの主役である参加者を繋ぐ大事なアイテムです。テーブルがないとゲームもろくに出来ないです。なのでテーブルはいいものが良かった。
事前に相談した上でフルオーダーで設計してもらい、射水市の職人さんたちに手作りで仕上げてもらった自慢のテーブルです。
真ん中に妨げとなる脚がない設計のため人数関係なく隣り合わせに座ることが出来て、アケコンなどを置いてプレイした際に揺れが気にならないように地面、壁と固定した設計となっております。

 

テーブルは半分などに分けたくないという強い想いがありました。
何故ならば、コミュニティシーンで利用することを想像したときに一体感であったり、初めて知り合っても繋がりやすい雰囲気にしたかったからです。
そして、プラスチックや金属などではなく、ゲームのイメージとは結びつきにくい「木」にしたのは、殺伐とした空間ではなく、勝ち負けにも暖かさがあるような空間にしたかったからです。
職人さんのアドバイスで、人に近い暖かさを持つ木である”スギ”にしました。スギは大変柔らかい木ですので、1年、2年と使っていくにつれて、良い跡(軌跡)にしていきたいですね。

 

設備につきまして

ご利用頂ける設備は以下の通りになります。

・BenQ ZOWIE RL2460 6台
海外の大型ゲーム大会でも使用されているモニターになります。外部の変換機無しでモニターをミラーリングすることが可能です。

・その他コード類
HDMIケーブル、電源マルチタップ、延長コードをご用意しております。

・椅子 12脚

※あくまでスペース貸しですので、ゲーム機は常設しておりません。ゲームを目的でご利用される場合は各自ご持参をお願いします。

 

実際の活用シーン

ゲーミングモニター常設ということもあり、ゲームの交流会(コミュニティイベント)に最適です。
その他に、ボードゲームで使用している例もありますので、そういった目的の利用にも良いかと思います。

 

部屋は机がすっぽり入る程度の大きさなので声が通りやすく、全員の顔が見えるので、話し合いの場としても最適です。

 

利用料金、サービスについて

スペース使用料:1人 500円(フリードリンク付き、主催者は無料。)
設備使用料:無料
飲食持ち込み:可(指定されたテーブルをお使い下さい。)
利用時間:10:00 ~ 17:30(何時間使っても同じ料金です。土曜日は別途料金が発生しますが最大24:00まで延長可。)
※10~20名程度のイベントに丁度良いサイズです。原則4名以上参加見込みがあれば利用可能です。

イベントを開催する際に、「10名集まらないと赤字になる」など不安があるかと思います。ですので、その不安要素を払拭出来るような料金システムとしております。実際にイベントを開催するにあたり、募集方法や告知用のSNS画像制作など、ご相談頂ければサポートすることも出来ますので、初開催の方もご興味があればぜひお気軽にご連絡下さい。

 

まずはこの場所から、皆で一緒に育てていければと考えております。

(予約は、4月中旬より受付ます。ご相談は随時Twitter @JOYN2016 または、お問い合せにて受付けております。)